わんちゃんについて|尼崎の塚口獣医科医院

尼崎の動物病院なら、塚口獣医科医院

動物病院

0664298114

塚口ペットサロン

0664271119

採用情報

アクセス

わんちゃんについて

初めてわんちゃんを飼われる方へ

初めてわんちゃんを飼われる方へ

わんちゃんを大切な家族の一員として迎えるということは、飼い主としてわんちゃんの健やかな生活に責任を持つということです。わんちゃんたちも私たちと同じ生き物なので、ときには病気になってしまうことがあるかもしれません。わんちゃんたちがずっと元気でいられるように伝染病や寄生虫から守ってあげることも、飼い主の大切な役割です。

わんちゃんのため、そしてあなた自身のために、病気を防ぐ心得やルールについて覚えておきましょう。

伝染病

伝染病

当院では、子犬は5種または9種混合、1歳以上の成犬には9種混合の注射を推奨しています。

【5種混合】8,000円(+税)
【9種混合】8,000円(+税)
※お薬は体重によってお値段がかわります。

混合ワクチンで予防できる病気

犬ジステンパー 高熱、神経症状など
パルボウイルス 激しい嘔吐、下痢など
伝染性肝炎 嘔吐、下痢など
アデノウイルス2型感染症 くしゃみ、鼻水、咳など
パラインフルエンザウイルス 鼻水、咳など
コロナウイルス感染症 嘔吐、下痢など
レプトスピラ感染症(3種) 黄疸、出血、嘔吐、下痢など ※人にも感染します。

【9種混合】犬ジステンパー、パルボウイルス、伝染性肝炎、アデノウイルス2型感染症、パラインフルエンザウイルス、コロナウイルス感染症、レプトスピラ感染症(3種)
【5種混合】犬ジステンパー、パルボウイルス、伝染性肝炎、アデノウイルス2型感染症、パラインフルエンザウイルス

狂犬病

狂犬病

狂犬病は一度かかると治療法がまったくなく、ほとんどのケースで死んでしまうとても恐ろしい病気です。また、わんちゃんだけではなく、飼い主にも感染してしまう病気です。あらかじめきちんと予防注射をして発症を防ぐことが大切です。

日本では、生後3ヶ月以上になったわんちゃんは住んでいる市町村に登録して、年に1回予防注射を受けなければならないと法律で決められています。登録や予防注射を行うと「鑑札」と「注射済票」がもらえるので、必ずわんちゃんに付けてあげましょう。
長年の努力の結果、日本国内での感染は見られなくなりました。ところが、世界ではいまなお年間5万人以上の方が狂犬病で亡くなっているといわれていて、いつ日本に侵入してきてもおかしくない状況です。病気から身を守るために、予防注射はとても大切なことなのです。

【登録】3,000円(初回のみ)
【費用】3,300円(生後3ヶ月以降、年に1回の予防)
※初回登録時にお渡しする小型犬の銀色のメダルは一生涯使う番号です。尼崎市外にお引越しする際などに必要です。
※クレジットカードではご利用いただけません。

フィラリア

フィラリア

フィラリアは蚊が運んでくる寄生虫で、わんちゃんの心臓や肺の動脈に住み着きます。わんちゃんがかかる代表的な病気の一つで、フィラリア予防をせずに蚊の発生するシーズンを3回過ごしたわんちゃんはほぼ確実に感染しているともいわれています。

寄生されたわんちゃんは呼吸が苦しくなって、喉になにかが詰まったような咳をするようになります。運動をした後でもないのに息が荒くなるというのが症状の出始めです。病気が進むといろいろな臓器で機能不全が起こり、衰弱して死んでしまいます。

フィラリアに寄生されてもしばらくは無症状なことが多く、症状が現れるようになったときにはすでに重症ということが少なくありません。また、駆虫に成功しても一度傷ついてしまった血管や臓器は元に戻せないので、治療はとても困難です。それに対して予防はとても簡単で、蚊が発生するシーズンに毎月1回、予防薬を飲ませることで簡単に感染を防ぐことができます。

尼崎は周りを川に囲まれているので蚊が多い地域です。そのため、フィラリアが多い地域に指定されています。予防薬を飲ませることで簡単に予防できるので、毎年蚊のシーズンになったら確実にフィラリア予防を心がけましょう。

【予防期間】5月から11月
【駆虫薬】飲み薬(錠剤・お肉タイプ)、背中につけるスポットタイプ、注射(1歳以上の成犬のみ)

ノミの予防について

ノミの予防について

ノミは、気温13℃以上(春~夏)の時期にもっとも繁殖しますが、現在では室内などは1年中繁殖が可能な状態になっています。ノミが寄生すると、貧血・かゆみ・条虫(さなだ虫)の原因になります。また、アレルギーを引き起こすこともあります。ノミはわんちゃんだけでなく、人にも害を及ぼします。しっかり予防しましょう。予防法の詳細はスタッフにお尋ねください。

検便について

検便について

下痢や吐くのが続いたり、便に白い米粒のようなものが混じっていたら、おなか(消化管)に寄生虫がいる可能性があります。便の検査で寄生虫を発見できます。寄生虫の種類によって、駆虫薬が異なります。親指くらいの大きさの便を容器に入れてお持ちください。検査は30分ほどかかりますので、結果はお電話でご連絡いたします。

【費用】1,000円(+税)

ラインチップ(迷子札)

ラインチップ(迷子札)

長さ11ミリ、直径2ミリのごく小さなカプセル状のものを、専用の注射器で皮膚の下に埋め込みます。専用のリーダー(読み取る機械)を近づけると、15桁の番号(ID番号)が表示されます。その番号を登録してあるセンターに問い合わせると、そのペットが誰とどこに暮らしているのかという情報が分かります。

※迷子や盗難、災害時などいざという時、確実に自分の子だと確認できます。
※一度の注射で、一生涯有効です。

【費用】4,000円(+税)

避妊・去勢について

避妊・去勢について

生後6ヶ月を超えると、避妊・去勢手術(子宮・卵巣/睾丸を取り出す手術)をすることが出来ます。望まない妊娠や、性ホルモンが原因となる前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)<オス>や、乳腺腫瘍(しゅよう)、子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう・子宮に膿がたまる病気)<メス>防ぐことが出来ます。それらの病気は高齢になってからなることが多いため、手術のリスクも高くなります。繁殖させないのであれば、避妊・去勢手術をしてあげましょう。

※手術は予約制です。お電話でご連絡下さい。

老後について

老後について

わんちゃんの平均寿命は、小型犬で12才、大型犬で10才といわれています。この頃は寿命が延びて18才くらいまで長生きするわんちゃんもいます。小型犬で10才、大型犬で8才を過ぎると老齢期に入ってきます。健康で長生きさせてあげるために、普段から食餌・予防・健康管理には、気をつけましょう。

※わんちゃんは、人より先に年をとる動物です(人間の年齢に換算すると、はじめの1年で20歳、そのあとは1年ごとに4歳ずつ年をとります)。

尼崎の動物病院なら、塚口獣医科医院

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口1-1-23

動物病院

塚口ペットサロン

pagetop